の記事一覧

天空の茶畑5 蘇る茶の記憶

「なつかしい香りだねえ。」 サスケさんは茶を揉みながら言う。 25歳の時、生涯を茶にかけようと単身、春日から静...

天空の茶畑4

100年という時は一瞬なのか。 僕たちは2週目の春日にいた。 最初、はいつなのかわからない。 荒れた茶畑の先端...

天空の茶畑3

新芽の香りを知っているだろうか。 茶を摘んでいると包まれる、爽やかで若々しい緑の空気を知っているだろうか。 春...

天空の茶畑2

庵・花茶には様々な香りが混じる。 緑茶、紅茶、半発酵茶。 今摘んできた茶は様々にその姿を変えていく。 数年前ま...

天空の茶畑1

緑の風が吹いていた。 今年も茶摘みの季節になった。 割と急な斜面は緑の海に覆われ、表面に淡く見える若緑のベール...